2019年06月07日

若緑輝く新発田市清水園のお茶会に参加しました

518日(土)・19日(日)の二日間にわたって、全日本石州流

茶道協会の第30回大会が新潟県新発田市で開催されました。


茶道サークル「凛」のメンバーも、「凛」の活動を指導してくださ

っている石州流野村派家元堀一孝先生が主宰なさる一瓢会の一員と

して新発田茶会に参加しました。


518日(土)は、月岡温泉屈指の宿、白玉の湯 泉慶 で講演会

と懇親会が開かれました。


 P5181169.JPG  P5181170.JPG              

             堀先生を囲んで記念写真


        P5181207.JPG

          泉慶のロビー

    

懇親会は参加者200名を超える大宴会となり、初参加の「凛」の

メンバー10名は他の一瓢会の人たちと共に、少々緊張して席につ

きました。

 P5181200.JPG P5181171.JPG


来賓の挨拶に続いて、日本各地から参加した石州流各会派のお国自

慢が始まりました。石州流野村派一瓢会の教場は、長岡、埼玉、東

京と広範囲にわたっているため、お国自慢に代わり、「凛」の山岡

かよさんが一瓢会を代表して、令和元年の新発田大会開催を寿ぎ

藤間流の「長生の舞」を格調高く舞いました。


         P5181184.JPG

          挨拶をなさる堀先生


 P5181196.JPG  P5181189.JPG           

          長生の舞


他の会派のお国自慢は、土佐のよさこい節、仙台の楽天の応援歌

など、楽しい出し物が続いて私たちの緊張も次第にとけていき、

美味しいお料理と新潟のお酒を堪能しました。


晴天に恵まれた519日(日)は、新発田藩下屋敷であった清水園

で歓迎茶会が開かれました。池を囲んで、まぶしいほどに輝く新緑

の木立の間に茶室が点在していて、いつまでも眺めていたいと思う

ほどの美しさでした。


  P5191237.JPG  P5191225.JPG


新発田大会を主催された新発田翠濤会の方々のご案内でお濃茶席、

お薄席と入席して美味しいお茶とお菓子をいただきました。同じ

石州流でも帛紗の扱いその他の所作が異なる他の会派のお点前を

興味深く拝見したり、長い年月を経て今日まで伝えられてきた茶

道具の数々を手にとって拝見したり、貴重な体験となりました。


 P5191220.JPG  P5191232.JPG


お茶会終了後は清水園内の郷土資料館を駆け足で見学後、バスで割烹

志まやに移動して点心をいただきました。


         P5191262.JPG

        

昼食後は列車の出発時間まで、新発田駅近くの酒蔵で新潟のお酒の

試飲を楽しんだり、酒蔵所有の美しい庭を拝見したりして、2日間

楽しい旅は終わとなりました。仕事その他の予定を調整して「凛」

のメンバーが10名も参加できたのは嬉しいことでした。


新発田の町はシャッター通りが目立ちましたがそれだけに町全体

が城下町らしい落ち着いたたたずまいを見せていました。茶の湯が

盛んだった城下町らしく、シャッター通りに近い和菓子屋さんが

どこも営業していたのが印象的でした。


 IMG_20190518_150136.jpg IMG_20190518_144959.jpg
   城下町らしい落ち着きを見せる寺町通り

posted by 凛 at 21:30 | Comment(0) | ご報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月30日

4月27日 平成最後の定例会

84回定例会報告書


4月の定例会は427日(土)に、9名の参加者を迎えて目黒区立

菅刈公園で開催されました。菅刈公園の庭は春の装いを見せ、池には

鴨の姿がありました。


P4271123.JPG  P4271127.JPG                                      

   

平成最後の定例会のしつらえは、「麗しい」という意味を含む新元号

「令和」に通じるものがありました。お軸は大徳寺黄梅院のご住職

小林太玄(タイゲン)和尚の「茶心静楽(茶を心静かに楽しむ)」で

す。流麗な文字を拝見していると、心が清められ鎮まっていくように

感じられます。絵唐津の花入れには野あやめと都忘れが楚々と生けて

あります。


P4271114.JPG   P4271115.JPG

          珍しい野あやめの花


4月で炉の季節は終わりです。優美な春慶塗の日月棚には明時代の

染付の水指が飾られています。


P4271116.JPG  P4271119.JPG

              

519日(土)に新潟県新発田市で開催される全日本石州流茶道協会

のお茶会参加に備えて、お茶会の作法の復習をし、併せて”新人”参

加者はお運びの練習をしました。まずは堀先生が点ててくださった

お濃茶をおいしく頂き、飲み終わった後のお茶碗の飲み口の清め方の

復習、続いて先輩参加者の点てたお薄をいただいて、お濃茶と比較し

ながらお薄の作法を復習しました。覚えているつもりでも、いざ実際

に練習してみると所作の細かいところが曖昧になっていることに気づ

かされます。


P4271145.JPG  P4271148.JPG


        P4271132.JPG    

           和菓子「筍」

              

最後に新発田茶会について事務連絡をして、平成最後の定例会は

散会となりました。


今後の予定は下記の通りです。

5月  新発田茶会参加のため定例会は休会

6月  622日(土)目黒区立菅刈公園

7月  720日(土)目黒区立菅刈公園

8月  824日(土) 大宮の堀先生のご自宅


茶道サークル「凛」についてのお問合せは、世話人の葦原美和子

ashihara@ryoma21.jp)までお願いします。


posted by 凛 at 14:58 | Comment(0) | ご報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月10日

4月7日 YUITO福徳茶会は千客万来でした

春らしい陽気となった日の日曜日、日本橋室町の福徳神社で

野点の茶会が開かれました。このYUITO福徳茶会は、結都(YUITO

春祭りの一環として開催されました。席主は、茶道サークル「凛」

の堀一考先生(石州流野村派家元)です。「凛」のメンバーも水屋

やお運びのお手伝いをしました。


ビル街にある福徳神社の境内に、野点の席と水屋のテントが設営

されました。11時いよいよ開始です。定員20名の会場は満席と

なりました。水屋担当は、美味しいお茶を召し上がっていただく

ためにお茶碗を温めて待機。


         P4071038.JPG P4071063.JPG    


最初に、堀先生から結都春祭りの催し物についての紹介と抹茶茶碗の

扱い方について説明がありました。いよいよお点前開始。珍しい男性の

お点前にお客様の注目が集まります。携帯で写真を撮る人も。

      P4071070.JPG P4071071.JPG

                 P4071073.JPG


お子様連れのご家族も多数参加してくだり、お子様たちには、ぬるめで

少なめのお茶を点てました。苦くて残されるのではないかと心配していた

水屋担当は、きれいに飲み干されたお茶碗を見て安堵し「おいしかった」

と聞いて笑顔になりました。老若男女様々なお客様が、ビルの谷間に出現

した野点席で抹茶を楽しみ、お点前終了後はお子様も一緒にお道具を鑑賞

したり、中には堀先生と一緒に記念撮影をしたりと、それぞれに楽しむ姿

が見受けられました。午前11時から午後3時半まで10回全てのお席が満席

でした。


        P4071088.JPG    P4071087.JPG

YUITOビル1階ホールには、春祭りらしく満開の桜の木が生けてあり、

地下1階ホール床には、イタリア発祥のインフォラータという花絵が

まるで絨毯ように描き出されていました。この花絵の展示も結都春

祭りの催しの一つです。

      P4071051.JPG   P4071062.JPG                 

お茶会の手伝いをした一同も、これらの展示を鑑賞して帰途につきまし

た。YUITO福徳茶会は秋にも開催される予定です。


茶道サークル「凛」についてのお問合せは下記宛てにお願いいたします。

       茶道サークル「凛」世話人 葦原美和子 ashihara@ryoma21.jp

posted by 凛 at 17:42 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする