2020年10月21日

秋の風情ただよう神無月の例会が開かれました

92回定例会報告書


1月の初釜以来休会していた茶道サークル「凛」の例会が1017

(土)目黒区立菅刈公園和館で開催され、9名が参加しました。

あいにくの雨でしたがお茶室の雪見障子越しに、しっとりと雨に濡れ

たお庭の景色を楽しむことができました。

           IMG_0520.JPG

          密を避けるための席札が  

            置かれた茶室

          IMG_0542.JPG  IMG_0547.JPG

           全員マスクをして入室

お床にはコロナ禍の中、無事に過ごして再会できたことを感謝して

「無事」のお軸がかけられています。侘びた備前の花入れには、

ドウダンの照葉、赤いマユミの実、そして「ぬばたま」と呼ばれる

ヒオウギアヤメの黒い実が生けてあります。秋の風情漂うしつらえ

です。

【床】

 軸   「無事」橘宗儀 徳禅寺(大徳寺塔頭)住職

   花入れ 備前 徳利

 花   満天星(ドウダン)、檀(マユミ)の実、射干玉(ヌバタマ)

     IMG_0517.JPG  IMG_0518.JPG        


10月で風炉の季節は終わります。次第に気温が下がっていく季節を迎え、

お客様に火を近づけるために風炉を道具畳の中心に置く中置きのお点前で

堀先生がお薄を点ててくださいました。

     IMG_0549.JPG   IMG_0551.JPG 

     壁付には秋の山を連想させる   

       中置き用の細長い水指

           IMG_0564.JPG  

           お点前用小紋のマスク姿で


      IMG_0532.JPG  IMG_0557.JPG

     秋らしい萩焼のお茶碗    お茶碗を拝見


美しい紅葉の散る和菓子を良寛の書「衆酔独醒(衆人皆酔えるに我独り

醒めたり」を写した銘々菓子皿で頂きました。堀先生のお祖父様お作の

銘々皿です。

        IMG_0546.JPG  IMG_0545.JPG 

       衆酔独醒」        「初紅葉」

       釜師 堀 浄親 作   


今日は先生が全員のお茶を点ててくださったので、若手参加者がお運びの

お稽古をしました。

    IMG_0558.JPG  IMG_0567.JPG 


久方ぶりのお茶を静かに楽しんでいるうち、あっという間に散会の時間

となり、水屋ではフェイスシールドをつけてお道具の片付けが始まりました。

          IMG_0570.JPG


今後の予定は下記の通りです。

1128日(土) 目黒区立菅刈公園和館

1212日(土) 目黒区立菅刈公園和館

123日(土)  目黒区立菅刈公園和館(予定)


茶道サークル「凛」に関するお問合せは、世話人の葦原美和子

(ashihara@ryoma21.jp)までお願いいたします。






posted by 凛 at 13:57 | Comment(0) | ご報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年11月24日

11月 ― 炉開きの季節になりました

89回定例会報告書


霜月の定例会は、1116日(土)目黒区立菅刈公園和館で、会津

若松から参加なさった方も含め11名の参加者を迎えて開催されまし

た。小春日和の菅刈公園の庭の木々は黄色く色づき始めていました。

その庭が見える茶室でお稽古が始まりました。

 PB162478.JPG  PB162448.JPG

11月は開炉の季節です。堀先生が炉開きの季節の風情溢れるしつらいを

整えてくださいました。お軸の意味は「一本筋が真っすぐに通っている」

というような意味と理解しました。ぶれないことの大切さを改めて教えら

れた思いがします。

【床】 

   軸   「萬里一条鉄(ばんりいちじょうのてつ)」 

     香合  「柚子」 

   花入れ 古銅 鶴首

   花   白玉椿 照葉(雪柳)

        PB162431.JPG

 PB162432.JPG  PB162430.JPG

 柚子をかたどった香合   楚々とした白玉椿 


 PB162465.JPG  PB162462.JPG   

    信楽の茶入れ   節が切留近くにある虎竹の茶杓


        PB162471.JPG

    丸卓(まるじょく)と佐渡真野焼の水指


炉開きは、いわばお茶のお正月です。最初にお濃茶の頂き方を復習してから、 

堀先生のお点前を拝見しながら一同お濃茶をおいしくいただきました。

今日 のお菓子は秋の色どり豊かな「吹き寄せ」です。

       PB162452.JPG

         堀先生のお点前


                  PB162457.JPG 

    拝見に出されたお茶入れ、お茶杓、お仕覆


       PB162439.JPG

     風に吹き寄せられた美しい木の葉


続いて、堀先生と茶杓や棗、柄杓などの扱い方について割稽古をする

グループと、お互いに教え合いながらお点前の練習をするグループ

の二手に分かれてお稽古開始。

 PB162477.JPG  PB162476.JPG   


和気あいあいとお稽古をしているうちに散会の時間となりました。


今後の予定は下記の通りです。

1221日(土)大宮の堀先生のご自宅マンションの茶室

111日(土) 目黒区立菅刈公園和館

2月の例会は休会となります。


茶道サークル「凛」に関するお問合せは、世話人の葦原美和子

(ashihara@ryoma21.jp)までお願いいたします。






posted by 凛 at 19:30 | Comment(0) | ご報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月01日

葉月の例会 茶室には初秋の気配がただよって

87回定例会報告書


葉月の例会は、824日(土)午後から大宮の堀先生のお宅で開催

されました。今回はしばらく療養中だったメンバーが復帰し、また

堀先生の大宮教場の方が参加してくださり、久しぶりに参加者は

10名になりました。


12時半に大宮駅で待ち合わせて、タクシー組と徒歩組に分かれて

堀先生のお宅に向かいました。チャイムを鳴らすと、涼し気な絽の

和服をお召しになった堀先生が迎えてくださいました。茶室には、

源氏物語絵巻に描かれているような御簾やすだれが涼し気にかけて

ありました。

           

お床に掛けられた、繊細な草書体で書かれた良寛の「一二三 いろは」

の色紙と、堀先生お手作りの「杵」の花入れに生けられた吾亦紅が茶室

に涼をもたらしています。またお床には珍しい茶筅も飾られています。

 P8242271.JPG  P8242272.JPG

      P8242318.JPG         

猛暑日のお稽古にも拘わらず、お床の飾り、お道具の取り合わせ、

桔梗をかたどったお菓子などが、初秋の風が吹いているような雰

囲気を茶室にもたらしていました。


二組に分かれて、堀先生の茶箱のお点前を拝見しながら、お薄と

お菓子を美味しくいただきました。今日は、故堀浄親先生(堀

先生のお祖父様)が良寛の書「衆酔独醒」から引用してお写し

になった「独醒」の文字が金の漆で描き出された銘々皿でお菓子を

いただきました。「衆酔独醒」は、周囲の人は酒に酔っているが、

自分だけは醒めているという意味。転じて周囲の人は道徳を失って

いるが自分だけは正しく生きているというような意味だそうです。

 P8242274.JPG  P8242320.JPG

 鉄瓶がかけられた瓶掛け  堀山城十代 堀浄親作

               「独醒」の銘々皿

  P8242298.JPG  P8242299.JPG  

 桔梗をかたどった和菓子  熱いお茶を美味しく頂く         


お茶の稽古終了後は、リビングで恒例の暑気払いの懇親会が始まりまし

た。高知のカツオのたたきをはじめ、持ち寄りのご馳走が並んだテーブ

ルを囲んで、まずはポルトガル産の美味しいワインで乾杯。

        P8242343.JPG    

大宮教場から二人の男性が参加なさったからでしょうか、話題は、

若冲がなぜあのような絵を描いたのかという話から、日本の伝統工芸

の継承問題や国際問題、そして人気テレビ番組の話など多岐にわたり

ました。美味しいワインを飲み、食べ、お喋りに花を咲かせました。

 P8242346.JPG  P8242350.JPG

今回もまた、あっという間に散会の時間となりました。


次回例会は921日(土)目黒区立菅刈公園で開催されます。詳細は

あらためてお知らせします。


茶道サークル「凛」に関するお問合せは、世話人の葦原美和子

(ashihara@ryoma21.jp)までお願いいたします。

posted by 凛 at 13:10 | Comment(0) | ご報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

  1 2 3 4 5.. >>