2017年12月25日

12月今年最後の定例会は堀先生のお宅で 12/23(土)

70回目となる定例会は、1223日(土)午後1時半から堀一孝

先生ご自宅の茶室「悠瓢庵」で開催されました。参加者は9名。


お茶室に入る前に、先日堀先生が奈良慈光院で体験なさった

「灰作り」のお話をうかがいました。慈光院境内の樹木の枝や

落ち葉などをカマドで1日燃やして灰を作り、その灰を水で

洗っては濾すという作業を繰り返してアクやゴミを取り除き、

最後に番茶をかけて仕上げたのが下の写真の灰です。


       PC230200.JPG 

頂くときに使う楊枝はこの黒文字で作られるそうです。


続いて茶室に入室。お床の軸「無事」を拝見し、今年1年無事に

過ごせたことを感謝しながら、堀先生のお点前を拝見しお濃茶

お薄を頂きました。

                   PC230215.JPG

      床 「無事」良寛和尚

      花   藪柑子(ヤブコウジ)と風船唐綿(フウセントウワタ)

      花入れ 運び筒(煤竹)

       棚   石州好み車棚   

         釜   責め紐釜

      濃茶器 伊賀

      薄茶器 遠州七宝透文様

         茶碗  萩 (宇田川聖谷作)

      青磁(人間国宝三浦小平二作)

       

    PC230211.JPG     PC230228.JPG

   車棚と責紐釜     萩茶碗で点てられるお濃茶


    PC230225.JPG  PC230220.JPG

     主菓子       干菓子の総朱塗のお盆は 

               石州好一文字桐絵四方盆



     菓子  主菓子 クリスマスリース(きんとん)

   干菓子 柚子と米百俵*

    *幕末から明治にかけて経済的に困窮していた長岡藩に

    米百俵が贈られたが、学校設立の費用に充てたと

    いう逸話が残っています。



PC230231.JPG

 愛嬌のある三つ人形の蓋置


お茶の稽古終了後の忘年会は、持ち寄りの銘酒とご馳走を頂き

ながら楽しく歓談し、あっという間に3時間がたちお開きに!


    PC230240.JPGPC230243.JPG

posted by 凛 at 19:38 | Comment(0) | ご報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月02日

11月定例会報告 11/25(土)

1125日(土)に台東区柳橋の懶山亭(らんざんてい)で定例会を開催しました。


初めての場所のために、浅草橋駅での待ち合わせでしたが、徒歩3分ほどの所にある少し小さめの四畳半の茶室。


参加者6名。本日は、茶器以外は会場備え付けの道具を使わせていただきましたが、手際よく準備完了しお稽古が始まりました。



床の軸は「彩鳳舞丹宵((さい)(ほう)(たん)(しょう)に舞う)」。鳳凰が澄みきった空を舞っている様子を表した、平穏無事を表す禅語とのこと。花は佐賀菊と山帰来(さんきらい)の実。


堀先生から、本日の薄茶器「金輪寺」についての説明があり、蔦で作られた杢目の美しい茶器。続いて先生の炉のお点前を拝見しながら、長岡の越乃雪大和屋から取り寄せた季節のお菓子「霜夜」とお薄をいただきました。


お菓子が目的で定例会に参加する会員もいるほど太和屋のお菓子は美味。


後半は男性参加者2名が歩き方とお道具の運び出しの稽古。建水を持ち出し点前座に座る

までの一連の所作の注意点について、全員で堀先生の説明をうかがいました。


最後に男性参加者2名による「かげ点て」のお茶をいただいて定例会終了。


今回は担当理事の山岡氏が不在のため、写真が少ないですが、次回からは茶器や菓子などの

写真は必ず入れますね。


今回から「凛」のリーダーは葦原が担当しますので、よろしくお願いします。


体験・参加者募集 → ashihara@ce.wakwak.com(葦原)

posted by 凛 at 10:11 | Comment(0) | ご報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月24日

第68回定例会の報告

 台風が近づき、雨の10月21日(土)に定例会を開催。

会場は、参加者が紹介してくれた文京区”肥後細川庭園”内にある「松聲閣」。

江戸時代に肥後熊本藩の学問所として利用された由緒ある場所である。

        IMG_0492.JPG
            会場入口

        IMG_0545.JPG
        茶室から見える蹲踞(つくばい)
          
茶室は、約20畳位の日本間二間を借り、ふすまで仕切って水屋と茶室とした。
女性参加者には、水屋にて貸茶道具による影点をお願いした。

        IMG_0544.JPG
            影点の様子
        
 茶道では、10月に風炉から釜に切り替わる月であり、講師のお点前を頂いた後、男性参加者を対象とした

 運び出し・お点前の稽古を実施。

          IMG_0552.JPG
           10月からの釜

          IMG_0558.JPG
           お点前の稽古の様子(T)

          IMG_0559.JPG
           お手前の稽古の様子(U)

 3名の男性参加者が、講師より指導を頂いたが、茶道の一連の動きは、やはりセンスというか

 向き・不向きが あるのではないかと言う事を、思い知らされた稽古であった。

                                        以上
           


posted by 凛 at 11:17 | Comment(0) | ご報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

  1 2 3 4 5.. >>