2020年01月20日

初釜は贅沢なお道具の取り合わせで眼福をいただきました。

91回定例会報告書


令和2年新春の例会は111日(土)冬の風情ただよう目黒区立

菅刈公園和館で開催され、二人の初参加の方を含め総勢14名が

参加しました。

            


  

       始まる前のひとときの談笑


初春を寿ぐお道具は、たった14人で拝見するのは勿体ないほと贅沢

な取り合わせでした。


【床】

 軸   「福寿」(加藤僖一[きいち]良寛研究家 新潟大学名誉教授)

香合  根太  (楽10代旦入)

 花入れ 杵   (堀一考)

 花   木瓜、藪柑子

          


   

  香合の中には練香が三粒      楽10代の印


         

          堀先生お手造りの花入れ


棚    小及台(真塗)

茶入れ  李朝繰口

水指   李朝染付

茶杓   伊佐孝琢(石州流伊佐派流祖)


   


         

         間道の仕覆に入ったお茶入れ


   

     

堀先生が点ててくださるお濃茶を頂く前にお濃茶の復習です。頂き方、

飲み口の清め方の復習、そしてお運びの練習です。


   

  お互いに教えあって  先生の説明を聞きながら

               お運びの練習


長岡から届いた丹頂鶴をかたどった和菓子と堀先生が練ってくださっ

たお濃茶を美味しく頂きました。通常のお稽古場では先生のお点前を

毎回拝見することはできないでしょう。

        

        


   

   李朝繰口茶入れ      萩焼七宝の蓋置


   

 清楚で華やかな「丹頂」 


続いて先生が宇治から取り寄せてくださったブレンドしてない抹茶を

水屋で交代で点て、その純粋なお薄の味を、お正月らしいおめでたい

お菓子とともに皆で賞味しました。


        

         縁起の良いお干菓子


和やかに歓談しながらお薄をいただいているうちに終了時刻となり、

今年も一回一回の例会に一期一会の気持ちで臨み、お道具や共に集う

方たちとの出合いを大切にしたいという思いを新たに散会しました。


今後の予定は次の通りです。


321日(土) 目黒区立菅刈公園和館

418日(土) 目黒区立菅刈公園和館


茶道サークル「凛」に関するお問合せは、世話人の葦原美和子

(ashihara@ryoma21.jp)までお願いいたします。





posted by 凛 at 15:52 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

コメントを書く

お名前

E-mail

コメント

表示されるのは「お名前」と「コメント」のみです。

ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

コメント一覧