2019年11月24日

11月 ― 炉開きの季節になりました

89回定例会報告書


霜月の定例会は、1116日(土)目黒区立菅刈公園和館で、会津

若松から参加なさった方も含め11名の参加者を迎えて開催されまし

た。小春日和の菅刈公園の庭の木々は黄色く色づき始めていました。

その庭が見える茶室でお稽古が始まりました。

 PB162478.JPG  PB162448.JPG

11月は開炉の季節です。堀先生が炉開きの季節の風情溢れるしつらいを

整えてくださいました。お軸の意味は「一本筋が真っすぐに通っている」

というような意味と理解しました。ぶれないことの大切さを改めて教えら

れた思いがします。

【床】 

   軸   「萬里一条鉄(ばんりいちじょうのてつ)」 

     香合  「柚子」 

   花入れ 古銅 鶴首

   花   白玉椿 照葉(雪柳)

        PB162431.JPG

 PB162432.JPG  PB162430.JPG

 柚子をかたどった香合   楚々とした白玉椿 


 PB162465.JPG  PB162462.JPG   

    信楽の茶入れ   節が切留近くにある虎竹の茶杓


        PB162471.JPG

    丸卓(まるじょく)と佐渡真野焼の水指


炉開きは、いわばお茶のお正月です。最初にお濃茶の頂き方を復習してから、 

堀先生のお点前を拝見しながら一同お濃茶をおいしくいただきました。

今日 のお菓子は秋の色どり豊かな「吹き寄せ」です。

       PB162452.JPG

         堀先生のお点前


                  PB162457.JPG 

    拝見に出されたお茶入れ、お茶杓、お仕覆


       PB162439.JPG

     風に吹き寄せられた美しい木の葉


続いて、堀先生と茶杓や棗、柄杓などの扱い方について割稽古をする

グループと、お互いに教え合いながらお点前の練習をするグループ

の二手に分かれてお稽古開始。

 PB162477.JPG  PB162476.JPG   


和気あいあいとお稽古をしているうちに散会の時間となりました。


今後の予定は下記の通りです。

1221日(土)大宮の堀先生のご自宅マンションの茶室

111日(土) 目黒区立菅刈公園和館

2月の例会は休会となります。


茶道サークル「凛」に関するお問合せは、世話人の葦原美和子

(ashihara@ryoma21.jp)までお願いいたします。






posted by 凛 at 19:30 | Comment(0) | ご報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

コメントを書く

お名前

E-mail

コメント

表示されるのは「お名前」と「コメント」のみです。

ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

コメント一覧