2019年01月19日

初釜は干支(亥)の香合で正月気分に 1/12(土)

今年最初の定例会である初釜は、112日(土)菅刈公園和館

で、9名の参加者を迎えて開催されました。菅刈公園の庭では

梅の花がほころび始めていました。

凛@.jpg

床の間には、お正月らしいお軸「福寿」(加藤僖一(きいち) 良寛研究家 

新潟大学名誉教授)、今年の干支(亥)の香合が飾られ、堀先生

お手作りの「杵」の花入れには水仙と蝋梅が生けてありました。

今日は、濃茶器(李朝 繰(くり)口(くち)茶入れ)、時代根来中次、

大徳寺503瑞厳宗碩(ずいがんそうせき) の茶杓「千代に榮」、

10代三輪休雪の萩茶碗、高麗青磁の水指と、堀先生お心入れの

初釜らしい華やかなお道具の数々を、それぞれの特徴や由来に

ついて先生の解説を伺いながら、たっぷりと拝見しました。

  凛A.jpg 凛B.jpg

 長板に飾られた水指     繰口茶入れと茶杓

堀先生のお点前でお濃茶と和菓子を頂戴し、濃茶の頂き方や

お道具(茶器、茶杓、仕服)の拝見の仕方について復習をし

ました。続いて、同じく堀先生のお点前を拝見しながら、お薄

と亥年にちなんだ瓦煎餅をいただきました。

 凛C.jpg 凛D.jpg                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                           

  主菓子「丹頂」  一閑張の菓子器と干菓子

今年もまた、茶道サークル「凛」が心安らぐ集いの場になることを

願って散会となりました。



posted by 凛 at 08:43 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

コメントを書く

お名前

E-mail

コメント

表示されるのは「お名前」と「コメント」のみです。

ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

コメント一覧