2018年11月21日

2か月ぶりでのお稽古は秋本番 11/17(土)

炉開きの季節となった1117日(土)、目黒区立菅刈公園和館で

ほぼ2か月ぶりに定例会が開催されました。久しぶりの参加者3

を含む9名が出席しました。

青空の下で晩秋の風情をたたえた庭の景色と、炉開きの季節らしい

お道具を鑑賞しながら、和やかな雰囲気の中でお稽古が始まりました。

凛1.jpg  凛2.jpg

 「萬里一條の鐵」 徳島県大内窯の達磨の香合

凛3.jpg  凛4.jpg 

 佐賀菊と楢の照葉      獅子柚子

  凛5.jpg 凛6.jpg

  侘びた鉄の十王釜     青備前の水指

(十王とは閻魔大王のこと) 

凛7.jpg

堀先生のお点前を拝見しながら、長岡から届いた亥の子餅とお薄をい

ただきました。亥の子餅は炉開きの時期のお菓子として知られてい

ますが、西日本では、囲炉裏に火を入れる時期に無病息災を願って

食べるお菓子としても知られているようです。

 凛8.jpg   凛9.jpg          

  石州好み七つ菊の平棗   「寿」の文字の茶碗

 凛10.jpg

  猪を模した亥の子餅

続いて、今年初めての炉の点前の稽古をするグループと茶巾や茶筅

の扱いなどの割稽古をするグループに分かれて練習に取り組みまし

た。

 いつもながらの和気あいあいとした雰囲気の中で、あっという間に

散会の時間となりました。

12月の定例会は、1222日(土)に大宮の堀先生のお宅で開催

され、終了後忘年会をする予定です。詳細は改めてお知らせします。


posted by 凛 at 19:40 | Comment(0) | ご報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

コメントを書く

お名前

E-mail

コメント

表示されるのは「お名前」と「コメント」のみです。

ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

コメント一覧