2018年03月18日

3月の定例会は梅満開の暖かい一日でした 3/10(土)

春の気配を感じる菅刈公園で行われた茶道サークル「凛」3月定例会の

報告です。

参加者10名。公園内の梅の花が満開で、お茶室から見える庭園も心を

和ませてくれました。


   


講師の堀先生のご挨拶に始まり、今年平不昧公生誕200年を記念し行なわれる

イベントの打ち合わせの為に島根県松江に出張されたお話しがありました。

その後、松江の中村茶舗の有機薄茶を、先生のお点前で味わいました。


 












床: 掛け軸「萬里一條鐵」橘宗義 (徳禅寺)

薄茶器:金輪寺(蔦拭漆)大蔵豊彦作

水指: 朝鮮唐津 置水指

茶碗: 紅志野茶碗

主菓子:「春の舞」長岡大和屋

干菓子:「古代山川」松江風流堂 

     


 
         
   
 

  







後半は、それぞれのレベルに合った割稽古とお点前の稽古をつけて

いただきながら、松江銘菓の風流堂「古代山川」と薄茶をいただきました。 

紅白の「山川」は、しっとりと柔らかく、上品な甘さの干菓子でした。


「凛」終了後、お茶室のある和館入り口の梅の花が満開で、思わず、

皆さんの笑顔をパチリ!

               

あまりに暖かな春日和に誘われて、

皆さんでランチへ繰り出しました。中目黒の近くの

和食のお店で、魚定食、小鉢も付いて千円也。

着物談義やたわいのない会話で盛り上がりました。

次回の定例会は、47日(土)を予定しています。

公園の近くを流れる桜の名所目黒川の桜が満開になるころです。


茶の湯がどんなものか一度体験してみたい、そんな方にも気楽に参加していただけます。

日本庭園を眺めながらお茶を一服いかがですか?


お問い合わせやご質問は、「凛」世話人・葦原までご連絡ください。

→ ashihara@ryoma21.jp

今後の「凛」開催予定:47日、526日、6月9日 於:菅刈公園内和館

詳しい日時や場所は、改めてお案内いたします。

posted by 凛 at 16:12 | Comment(0) | ご報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

コメントを書く

お名前

E-mail

コメント

表示されるのは「お名前」と「コメント」のみです。

ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

コメント一覧