2018年02月14日

2月は梅の花が咲き始めた菅刈公園内和館にて2/10(土)

72回定例会便り


2月は参加者9名でいつものように楽しい茶会となりました。


立春が過ぎた菅刈公園の庭には、「春告草」とも呼ばれる梅の花

が咲き始め、やわらかい日の光が差し込む茶室でお稽古が始まり

ました。

P2100254.JPG      P2100256.JPG

            菅刈公園の梅林     


床  「(けい)(ばい)一条(いちじょうの)(かおり)」(両忘(りょうぼう)(あん)拙翁の一行書)

花  紅梅と山茱萸(さんしゅゆ)

花入れ黄磁"の杓点てを花生けに見立てたもの


棚  (くわの)小卓(こじょく)

薄茶器金輪寺(蔦(ふき)(うるし))大蔵豊彦作

茶杓 銘「妙喜」

   (京都山崎の妙喜庵の古材で作られた茶杓) 

P2100262.JPG  P2100253.JPG   P2100289.JPG

お床の飾りについて   桑小卓に飾られた木目が  茶杓「妙喜」

説明をうかがう     美しい金輪寺の茶器          武田士延作

                                下は水指の代わりの土瓶



菓子 「草若み」(きな粉餅)

   「割羽違い」(餡入り落雁)

菓子器 出雲焼長岡空権作


P2100277.JPG  P2100288.JPG

 よもぎの香りがする   石州流の割羽違いの紋を

 きな粉餅                         かたどった、奈良慈光院の

             落雁


今日は二つのグループに分かれて、炉の薄茶点前の稽古と

お道具(薄茶器と茶碗の)の持ち方や点前座までの運び方

などの稽古をしました。水屋も交代で担当し、和気あいあいと

した雰囲気の中で、参加者どうし互いにお茶を点て合って

お菓子と薄茶をいただきました。


P2100287.JPG  P2100284.JPG  P2100286.JPG


次回は310日(土)菅刈公園和館で予定です。

近くなりましたら、ご案内しますので、是非皆様ご参加お願い

致します。



posted by 凛 at 19:32 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

コメントを書く

お名前

E-mail

コメント

表示されるのは「お名前」と「コメント」のみです。

ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

コメント一覧