2017年04月17日

第63回定例会の報告

 夏日を思わせる4月16日に、みたか・井心亭(三鷹市)にて4月定例会を開催。

会場は、武蔵野の面影を残す住宅街の一角にある古民家を改造した建物。
  
            IMG_0337.JPG
               会場の名札
            IMG_0338.JPG
              建物の入口・正面

     本会場の構造や一連の作法について、講師より説明があり、蹲い(つくばい)にて手を清める。
            IMG_0339.JPG
                蹲い

 参加者全員が清めた後、1人ずつ、躙り口(にじりぐち)を潜り、茶室へ。
            IMG_0343.JPG
               茶室の躙り口

  お茶は、墨による釣り釜での濃茶のお点前で、1つの茶器の濃茶を3人で味わう。
  
  これが、美味しい〜〜〜こと、この上なし。
            IMG_0345.JPG
                釣り釜
            IMG_0350.JPG
             講師によるお点前の様子 

  お水の質の違いによるのかは分からないが、濃茶の味は格別であった。

  最後は、ベテラン参加者による薄茶を味わい終了。

  茶道の一連の作法を学び、記憶に残る定例会となった。


  5月定例会は、会場・講師の都合により中止し、次回は、6月24日(土)目黒区菅刈公園和館で開催予定。

                                            以上

          
            
              
                          

posted by 凛 at 12:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | ご報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

コメントを書く

お名前

E-mail

コメント

表示されるのは「お名前」と「コメント」のみです。

ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

コメント一覧

トラックバック一覧