2014年12月04日

第39回定例会のご報告

                               

第39回定例会のご報告


11月29日、朝から肌寒い小雨の中でスタート。

講師の堀先生から、荷物があるので運んで欲しいとの依頼があり、発砲スチロールで梱包された大小の荷物が数点あり、茶室に運搬。

 参加者全員で、組み立てをして、出来あがったのが「立礼卓」


 019.JPG


 立礼卓とは、椅子と卓を用いて茶をたてる点前の道具で、堀先生が改良を加えた新立礼卓との事。

 今日は、座ってのお点前やお運びの稽古ではなく、「立礼卓で行います」との言葉に、参加者からは驚きと緊張の雰囲気に包まれて、稽古がスタート。


 お点前の時の姿勢・道具との距離・座り方等、初めてのことゆえ面食らうことばかりでしたが、4名がお点前をトライ。お運びも、立ったまま中腰で茶器を受け取り、その姿勢で、お客に配膳。

 お客も、椅子席で茶器を受け、抹茶を味わう形のお稽古となりました。


そこは、講師の愛情にあふれた優しい指導で、立礼卓お点前を何とかクリアーし、

 笑顔がこぼれて終了。


 026.JPG




立礼卓によるお点前は、洋間のみならず和室にも合い、座ることの辛い人や海外の人達にも、茶道に親しんでもらうのには、非常に効果が期待できる茶道具であると感心。

 本日の道具組は、次の通り。

<床の間>

 ・色紙「まあるい心で 無限の愛を」

   先日、ご逝去された堀先生のご尊父 堀 政春様の画・賛

 ・花入 竹 一重切

 ・花 南京ハゼ 師人(もろびと)


<手前>

 新・立礼卓

 ・釜  筒型肩鐘  堀山城十二代政晴 作

 ・水指 瀬戸 大脇差(おおわきさし) 佐々木畏二

 ・茶入 蔦 金輪寺 大蔵豊彦

 ・茶碗 主 萩茶碗 替 今千春


 今後も、立礼卓によるお稽古をするとの話で、お稽古に変化が出そうである。

それにしても、雨や過去には雷・大雪に遭うことの多い茶会だこと。


                                以上











posted by 凛 at 11:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | ご報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

コメントを書く

お名前

E-mail

コメント

表示されるのは「お名前」と「コメント」のみです。

ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

コメント一覧

トラックバック一覧