• ホーム
  • の 「2019年09月」の記事一覧

2019年09月01日

葉月の例会 茶室には初秋の気配がただよって

87回定例会報告書


葉月の例会は、824日(土)午後から大宮の堀先生のお宅で開催

されました。今回はしばらく療養中だったメンバーが復帰し、また

堀先生の大宮教場の方が参加してくださり、久しぶりに参加者は

10名になりました。


12時半に大宮駅で待ち合わせて、タクシー組と徒歩組に分かれて

堀先生のお宅に向かいました。チャイムを鳴らすと、涼し気な絽の

和服をお召しになった堀先生が迎えてくださいました。茶室には、

源氏物語絵巻に描かれているような御簾やすだれが涼し気にかけて

ありました。

           

お床に掛けられた、繊細な草書体で書かれた良寛の「一二三 いろは」

の色紙と、堀先生お手作りの「杵」の花入れに生けられた吾亦紅が茶室

に涼をもたらしています。またお床には珍しい茶筅も飾られています。

 P8242271.JPG  P8242272.JPG

      P8242318.JPG         

猛暑日のお稽古にも拘わらず、お床の飾り、お道具の取り合わせ、

桔梗をかたどったお菓子などが、初秋の風が吹いているような雰

囲気を茶室にもたらしていました。


二組に分かれて、堀先生の茶箱のお点前を拝見しながら、お薄と

お菓子を美味しくいただきました。今日は、故堀浄親先生(堀

先生のお祖父様)が良寛の書「衆酔独醒」から引用してお写し

になった「独醒」の文字が金の漆で描き出された銘々皿でお菓子を

いただきました。「衆酔独醒」は、周囲の人は酒に酔っているが、

自分だけは醒めているという意味。転じて周囲の人は道徳を失って

いるが自分だけは正しく生きているというような意味だそうです。

 P8242274.JPG  P8242320.JPG

 鉄瓶がかけられた瓶掛け  堀山城十代 堀浄親作

               「独醒」の銘々皿

  P8242298.JPG  P8242299.JPG  

 桔梗をかたどった和菓子  熱いお茶を美味しく頂く         


お茶の稽古終了後は、リビングで恒例の暑気払いの懇親会が始まりまし

た。高知のカツオのたたきをはじめ、持ち寄りのご馳走が並んだテーブ

ルを囲んで、まずはポルトガル産の美味しいワインで乾杯。

        P8242343.JPG    

大宮教場から二人の男性が参加なさったからでしょうか、話題は、

若冲がなぜあのような絵を描いたのかという話から、日本の伝統工芸

の継承問題や国際問題、そして人気テレビ番組の話など多岐にわたり

ました。美味しいワインを飲み、食べ、お喋りに花を咲かせました。

 P8242346.JPG  P8242350.JPG

今回もまた、あっという間に散会の時間となりました。


次回例会は921日(土)目黒区立菅刈公園で開催されます。詳細は

あらためてお知らせします。


茶道サークル「凛」に関するお問合せは、世話人の葦原美和子

(ashihara@ryoma21.jp)までお願いいたします。

posted by 凛 at 13:10 | Comment(0) | ご報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする