• ホーム
  • の 「2019年06月」の記事一覧

2019年06月16日

紫陽花が美しい菅刈公園で水無月の例会が開かれました

85回茶道サークル「凛」水無月の例会 


梅雨入りして雨模様の68日(土)に令和元年最初の月例会が

目黒区立菅刈公園和館で開催されました。今回は他の予定と重な

って欠席した人が多く、参加者は5名だけとなりました。

    

                  IMG_20190608_091150 (2).jpg

            雨に濡れてひとしお美しい紫陽花


堀先生が令和元年水無月らしい室礼(しつらい)を整えてください

ました。


【床】

 軸 和顔愛語」両忘(りょうぼう)(あん)大木拙翁書

花入 瑞鳥を象った古銅の花入(堀 政晴 作)

花  小ぶりのガクアジサイが楚々と生けられました。

      

      P6081293.JPG       P6081296.JPG

    「和顔愛語」   故堀政晴先生作の花入

           

    P6081298.JPG      P6081300.JPG                             

                                 丸卓(まるじょく)に

               飾られた唐三彩の水指


           P6081309.JPG

           堀先生作の木の葉に

           カタツムリの蓋置 


堀先生のお点前を拝見しながら、長岡から届いた美味しいお菓子と

お薄を頂きました。今日の和菓子「紫陽花」はお代わりを頂きたい

ほど格別の美味しさでした。


 P6081316.JPG  P6081302.JPG           

               紫陽花きんとん


続いて、本日お持ちくださったお茶碗の特徴や由来について

堀先生が解説してくださいました。古の茶人たちの発想の豊かさ

に感服しました。

  P6081308.JPG    P6081307.JPG                

白薩摩火計り手(ひばかり手)*  雨漏手(あまもりで)

 左縁に蟲喰(むしくい)**    模した茶碗***


 P6081305.JPG  P6081304.JPG

石川満作の亀甲文染付茶碗    令和」の茶碗


  *火計り

  器の土や釉薬は朝鮮のものを用いているが、焼成地が日本である

  もの、すなわち燃料(火)だけが日本であるという意味

**蟲喰

   磁器のふちに現れた小さな、釉(くすり)の剥落した跡を蟲喰と呼ぶ

***雨漏

  長年お茶を点てて使っている間に生じたシミを雨漏でできたシミに

  例えて、このような茶碗を雨漏と呼ぶ


今日は出席者が少なかったので、点前座でお薄を点てるところまで、

全員がじっくりとお点前のお稽古をしました。


 P6081331.JPG    P6081327.JPG  


最後は皆で手分けしてお道具の片付けをして散会となりました。

片付けもお道具を大切に扱うことの大切さを学ぶ機会となります。


今後の予定は以下の通りです。


720日(土)目黒区立菅刈公園

824日(土)大宮悠瓢庵(堀先生のご自宅)

921日(土)目黒区立菅刈公園(予定)


詳細は改めてお知らせします。


茶道サークル「凛」についてのお問合せは、世話人の葦原美和子

ashihara@ryoma21.jp)までお願いします。



posted by 凛 at 18:38 | Comment(0) | ご報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする