2019年03月13日

梅の花が満開でした 3月9日(土)

凛 定例会報告書


84回定例会報告書

3月の定例会は、春らしいぽかぽか陽気となった39日(土)に

9名の参加者を迎えて目黒区立菅刈公園和館で開催されました。

青く晴れた空の下、梅の花がきれいに咲き誇っていました。

IMG_1013.jpg


お床には「閑座煮茶」(大西良慶 清水寺元管長)がかけられ、唐津の

花入れには春蘭が生けられました。点前座には、石州好みの車棚に

金輪寺の茶器と佐渡真野焼の水指が飾られました。車棚は炉の時期に

使われる棚で、黒柿の車がはめ込まれています。


IMG_0991.jpg   IMG_0988.jpg  
                                     

いつものように堀先生のお点前を拝見しながら、お薄をいただきま

した。主茶碗は田原陶兵衛の萩茶碗です。お菓子は長岡から届いた、

蝶が舞う姿をかたどった「春の舞」という銘がついています。


IMG_0996.jpg  IMG_0999.jpg  IMG_0994 (2).jpg


後半は、先生のお手本を拝見しながら柄杓の構え方や茶碗の持ち方

の復習をし、全員で点前座に向かう歩き方、お運びをするときの座

り方、立ち方のお稽古をしました。年10回程度の定例会でお点前の

割稽古をしながら2年、3年と参加しているうちに、点前座に座って

お点前の稽古ができるようになってきます。


P3091033.JPG  P3091024.JPG                                 

            P3091010.JPG


今日もまた、参加者一同日常の雑事を忘れて心安らぐひとときを

過ごして散会となりました。


茶道サークル「凛」についてのお問合せは下記宛てにお願いします。

   世話人:葦原美和子 ashihara@ryoma21.jp


今後の定例会の予定は次の通りです。

4月  427日(土)目黒区立菅刈公園 和館

5月  休会

6月  622日(土)(予定)

7月  720日(土)(予定)

8月  824日(土)(予定)




posted by 凛 at 15:32 | Comment(0) | ご報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月11日

関東地方に大雪注意報が出ている日にお稽古? 2/9(土)

大雪注意報の出ていた29日(土)、品川区五反田文化セン

ターの和室で2月の定例会が開催されました。

五反田文化センターは初めて使用する会場でしたが、水屋も広く、二間

続きの和室で広々していて、使い勝手のよい会場でした。

 

凛@.jpg

 床には「渓梅一条香(ケイバイ イチジョウノカオリ」

 の 軸がかかり 竹の花入れには万作(マンサク)

 寒芍薬(カンシャクヤク別名 クリスマスローズ)が

 生けられました。春の訪れを感じる室礼です。


 凛A.jpg

 凛B.jpg



 尻膨(シリブクラ)の棗  

 凛C.jpg





丸卓(マルジョク)と佐渡真野焼の水指


凛D.jpg

  堀先生のお点前を拝見しながら、季節の

  和菓子  「薄氷(ウスラヒ=春の季語)」

  とお薄を美味しくいただきました。


続いて、先生から茶巾の畳み方や茶筅の扱い方などの割稽古をして

いただくグループと、実際に点前座に道具を運び出して、茶筅通し

をし、お茶碗を温めて拭くまでのお稽古をするグループに分かれま

した。それぞれのグループが熱心に稽古に取り組みました。

  凛E.jpg凛F.jpg凛G.jpg




先生と並んで割稽古        先輩に教わりながら点前のお稽古

定例会その他の行事の折に、大雪やゲリラ雷雨に見舞われることが

多い茶道サークル「凛」なのですが、今回は幸いにも大雪注意報が

はずれ、埼玉がご自宅の堀先生はじめ参加者全員が無事帰途につく

ことができました。


定例会の今後の予定は次の通りです。

3月  39日(土)目黒区立菅刈公園 和館

4月  427日(土)目黒区立菅刈公園 和館

5月  休会

posted by 凛 at 10:12 | Comment(0) | ご報告 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月19日

初釜は干支(亥)の香合で正月気分に 1/12(土)

今年最初の定例会である初釜は、112日(土)菅刈公園和館

で、9名の参加者を迎えて開催されました。菅刈公園の庭では

梅の花がほころび始めていました。

凛@.jpg

床の間には、お正月らしいお軸「福寿」(加藤僖一(きいち) 良寛研究家 

新潟大学名誉教授)、今年の干支(亥)の香合が飾られ、堀先生

お手作りの「杵」の花入れには水仙と蝋梅が生けてありました。

今日は、濃茶器(李朝 繰(くり)口(くち)茶入れ)、時代根来中次、

大徳寺503瑞厳宗碩(ずいがんそうせき) の茶杓「千代に榮」、

10代三輪休雪の萩茶碗、高麗青磁の水指と、堀先生お心入れの

初釜らしい華やかなお道具の数々を、それぞれの特徴や由来に

ついて先生の解説を伺いながら、たっぷりと拝見しました。

  凛A.jpg 凛B.jpg

 長板に飾られた水指     繰口茶入れと茶杓

堀先生のお点前でお濃茶と和菓子を頂戴し、濃茶の頂き方や

お道具(茶器、茶杓、仕服)の拝見の仕方について復習をし

ました。続いて、同じく堀先生のお点前を拝見しながら、お薄

と亥年にちなんだ瓦煎餅をいただきました。

 凛C.jpg 凛D.jpg                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                           

  主菓子「丹頂」  一閑張の菓子器と干菓子

今年もまた、茶道サークル「凛」が心安らぐ集いの場になることを

願って散会となりました。



posted by 凛 at 08:43 | Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

   1 2 3 4 5..  次の3件>>